糖尿病を克服する~改善するための取り組み~

笑顔の男性

適切な薬を選んで

漢方薬

更年期とは、女性の一生において、成熟期から老年期にうつる一時期のことをいいます。年齢としては45〜55歳くらいをさすことが多いです。更年期の時期は、卵巣機能が低下し女性ホルモンの分泌が低下していくことにより様々な体の不調があらわれます。こうした不調にたいしては、症状にあわせて治療方法が変わってきます。心身の調子を整えたいとき、はっきりとした病気とまではいえないけど、どうも調子がよくないというようなときは、漢方がおすすめです。漢方のよいところは一つの薬で様々な症状に聞くことです。ですが、万能ではありませんし、症状にたいして向き不向きがあります。ほてりやのぼせなどがあるときに、活力増進効果のある漢方を選んでしまうと逆の効果がでてしまいます。漢方を選ぶ際は医師や薬剤師に相談するのがおすすめです。

漢方は、気、血、水という独特の考え方から不調の原因を探っていきます。更年期の不調は、主に気、血の不調から来るものであることが多いです。たとえば、頭痛などは血の流れが滞る「お血」、めまいや睡眠障害などは血の働きが低下する「血虚」というように診断されます。更年期障害は、一つだけの症状ではなく複数の症状がでることがほとんどです。そのため、各種の症状におうじた薬や治療がされることになります。漢方は、効き目が優しく副作用などの心配が少ないという利点がありますが、その分劇的に効くことはあまりありません。そのため、飲み始めてすぐに症状が改善しなくても、飲み続けることが重要です。食前に飲むことを指定されていることが多いですが、その場合は食事の直前ではなく、30分ほど前に飲むように工夫するとよく吸収され効き目がよくなります。